保険のビュッフェで解約のメリットも納得できた。

保険を解約するか迷っていました。

社会人1年目に営業の方にしつこく勧誘されて入ってしまった保険を解約して新しい保険に入り直すかどうか迷っていて、1つの保険会社に相談するとまたしつこい勧誘を受けそうだったので、最近流行りの色々な保険会社の保険の中から私の希望に合ったものを提案してもらえるという代理店に行ってみることにしました。

しかし、解約するのもデメリットがあるし、代理店から提案された新しい保険に加入するメリットについての説明もよく分からなかったので、代理店の営業の方には嫌な顔をされながらも結局そのままにしておくことにしました。

 

保険のビュッフェなら納得できました。

もう前の保険をそのままにしておこうと思ったものの、たまたま保険のビュッフェの口コミを見てもう1度だけ相談してみることにしました。

すると、前に相談した代理店の営業の方のような頼りない説明ではなく、しっかりしたFPの資格を持った社員さんがこちらが納得するまでしっかりと説明を行ってくれた上、新しい保険に変えるメリットも分かりやすくて、とりあえずその日は検討するということで返事は保留にしたのですが、最後まで感じよく丁寧な対応をして下さったので、ぜひこちらで新しい保険に加入したいと思いました。

結婚を機に保険のビュッフェにする相談するメリット

保険のビュッフェを選んだ理由

私は3年前に勤めていた会社を辞めて結婚しましたが、その時に保険のビュッフェに相談して女性保険に加入しました。最初は、普通の生命保険に加入するつもりで、いろいろな保険会社のパンフレットを見ていたのですが、正直、同じような商品ばかりで何が違うのかわかりませんでした。

結婚の準備も忙しくなってきたので、もうどれでもいいかって思っていた時に、姉に勧められて相談することにしました。姉からは、無料相談であること、また、経験値の高いファイナンシャルプランナーが対応してくれると聞いていたので、安心して相談できました。

 

保険のビュッフェに相談するメリット

実際に相談してみると、結婚のタイミングは保険に加入するには非常に良いタイミングだと聞かされました。私からは、死亡保険でなく、病気や怪我などの医療費に対応できる保険に加入したいことをリクエストしたところ、近い出産を将来、妊娠、出産が考えられるので、女性保険を勧められました。結果、私は帝王切開での出産となり、女性保険保険が適用されたのです。

もし、誰にでも相談しないで一般の生命保険に加入していれば、悔しい思いをしていたかもしれません。保険のビュッフェのメリットは、年齢やその後のライフスタイルなどを加味し、私だけの保険プランを組んでくれることです。保険は商品内容が複雑ですから、経験の豊富なファイナンシャルプランナーのアドバイスは非常に助かります。

保険のビュッフェのメリットは給与天引きにもある

給与天引きだから忘れない

社会人になって自分でお給料を稼ぐようにもなると、自分の体の管理などもしっかりしなければいけないのだという自覚が出てくるものです。ですから保険にも加入しておこうと考えるようにもなるものです。

自分でお金を稼ぐことができるようにもなった、ということが一つのきっかけにもなるでしょう。また、自分でお給料をもらうことができれば、保険の支払いも給料天引きで支払うこともできるようになるのでとても便利です。保険のビュッフェに行けば支払い方法を教えてもらえるなどのメリットもあるので、相談してみると良いでしょう。

 

家族の分も天引きにできる

保険に加入した当時は独身で家族がいないような人であっても働いているうちに家族ができるということはあるものです。こういった時、扶養している家族が新しく保険に加入したような時も、自分のお給料から家族の保険料を支払うことができます。

また、家族にはそれぞれにあった自分とは別の保険も加入することができるので、そういった家族の保険の悩みなども保険のビュッフェで相談をしてみると良いでしょう。自分が加入しているのとはまた別の保険会社の保険でも大丈夫なので、しっかり吟味して選んでみると良いです。

保険のビュッフェで聞きたい!医療保障が必要な場合、医療保障特約と医療保険、どちらに加入すべき?

死亡保障の必要性が選択のポイント

医療保険も医療保障特約も、ともに病気やケガなどで入院や手術となったときに給付金が受け取れます。昨今では、退院時と通院への給付金が受け取れるタイプもあります。契約の形態としては、医療保険は医療保障のみを目的としたもので、医療保険そのものが主契約になります。

医療保障特約のほうは、死亡保障や老後保障を目的とした年金保険や終身保険といったものが主契約になりますので、医療保障は特約で付加することになります。死亡保障や老後保障の保険が必要かどうか、医療保障のみで良いのが、選択するうえでのポイントになります。加入前に、保険のビュッフェで双方の特色を解説してもらい、賢い選び方へのアドバイスを受けておくことが得策です。

 

保険の見直し時が分かれ目に

特約にはいくつかの種類がありますが、主流となっているのが、従来の定期保険特約付終身保険などに付いている入院特約が1入院限度120日、通算限度700日というものです。医療保険単体のものでは、1入院限度・通算限度ともに、各種のタイプがあります。それぞれ、保険のビュッフェで確認してみましょう。

死亡保障が必要であれば、その特約として入院保障を付けておけば、1本の契約にまとめられます。管理がしやすいという利点がありますが、主契約の死亡保障を解約したいと考えたとき、入院保障のみ残したいということはできません。将来、自分自身の状況に応じた見直しの可能性が高い場合は、死亡保障とは別の、単体の医療保険に加入したほうが良いこともあります。相談のうえ熟考しておきましょう。